2014年11月23日日曜日

新社屋完成!(LEGOの話ですが…)


とあるIT会社の新社屋が完成しました!

娘(小6)がLEGO大好きで、いろんな建築物を作っているのですが、
次は、なんと、会社でした。

あまりにも良く出来ているのと、
「ブログに載せて欲しい」と頼まれたので
公開したいと思います。

私の勤務しているソニックガーデンという会社が好きで、
ときどき会社に遊びに行っているので、
イメージ膨らませて作ったようです。


では、ちょっと見て行きましょう。

2014年10月19日日曜日

大山北尾根バリエーションルート

10月19日(日)晴れ
なんと!久しぶりの晴れ山行かも。

友人二人と、山へ行く計画を練っていたのだが、
どうせならと前から気になっていた、大山の北尾根に行くことにした。

たぶん、この時期の大山はすごい混雑だろうし、静かに山歩きを楽しみたいと思う。
ルートは、ヤビツ峠までバスで入り、そこから地獄沢の登山口まで下り、
北尾根を南下して大山山頂。
そこからから蓑毛越ルートで蓑毛バス停へ出ることにした。

秦野駅始発のバスでのヤビツ入。
案の定、バスターミナルはすごい行列で、臨時バスも何本か出ていた。
ギュウギュウ詰めのバスに揺られて40分ほどでヤビツ峠に到着。
さすがに多くのハイカーで賑わっている。

2014年8月23日土曜日

2500m峰を一気に3本(国師ヶ岳、金峰山、北奥千丈岳)

8月も終わりになるころ、友人と二人で一気に3本行ってきました。
といっても、クルマで2500mの大弛峠まで上がれるので、楽といえば楽ですね。

金曜の深夜に出発して明け方4時頃到着。クルマで少し仮眠。
さすがに2500m、外は1桁まで冷え込んで、仮眠用寝袋持ってきて正解。

外はガスで真っ白、今回も天気ダメかなー。

駐車場は、4時頃到着で少し空きがあり状態。
が、朝になったら満車状態でした。


朝食をトイレを済ませて、出発。
天気はどんよりでイマイチ、ガスは少し晴れてきたかな。
まずは、金峰山のほうへ向かう。

森の中を少しづつ高度を上げていくのだが、10分ほどで、最初の登りで息が苦しくなってきて小休止。
空気が入ってこない感じで、息苦しい。
相棒の方もそうだったようで、ここで少し息を整える。


雲の合間から富士山。

稜線に出るといい眺めが広がっている。
だけど、空は厚い雲に。

朝日岳で小休止。

さ、金峰山への最後のアプローチ部分は、さすがに2500m 峰。
低いハイマツと岩がごろごろ。

約2時間ほどで、無事に到着!

五状石のほうへ下りてみると、けっこうなガスが。

ここで小休止していると、空が動いて晴れ間がチラホラさしてきた。


富士山もバッチリ。

明るくなってきたら、なんと五丈石に挑戦する人が!
この後、無事に登頂しました。いやはやスゴイな。


戻りは晴れ間もあって、周りの景色を楽しみながら歩く。
この高度だと周りが一望できるからとてもきもちがよい。

登山道はいろんなキノコだらけ…


まずは大弛峠まで戻り。

小屋の前を抜けて、国師ヶ岳へ

また森の中を登ります。

夢の庭園方面へ向かうが、またまた生憎の空模様で景色は期待できず。

でベンチでランチタイム。
天候に期待するも晴れ間はでず…

夢の庭園から、しばらくは木道となっている。

植生を傷めぬよう、木道は環境に配慮してだろう。

すぐに国師ヶ岳に到着!!
割と平たくて広い山頂。看板も立派!

青空は気持ちがいい!

晴れているうちにもうひとつ。

さくっと北奥仙丈ヶ岳も登頂!!
ここは大きな岩がゴロゴロした山頂。

しばし、景色を眺めながら休憩。
360度見渡せて、素晴らしい景色。
今度は甲武信ヶ岳のほうへも歩いてみたいなと思う。



帰りは、鼓川温泉で汗を流してサッパリと。

クルマでのアプローチは長くて大変だけど、2500mを3本やれて、おまけに天気が良いと素晴らしい景色もあるので、おすすめですね。
曇りだけど人も多かったし、駐車場が狭いから、林道にずらっと縦列駐車状態でした。

※もう記憶をだいぶ薄れてきていて(笑)。
でも、記録だけはしておこうと、なんとかブログ更新。(11/1更新)

2014年8月13日水曜日

今年の夏も安曇野でカヌー遊び

今年の夏もやってきました。
いつものワイルドファミリーさん一家とともに。

息子が受験生というのもあり、家族全員予定を合わせられたのはお盆の3日間のみ。
台風来てて、天気は生憎でしたが、なんとか最終日のみ川へ出れました。

雨続きだったので、奥様たちは松本へショッピングへ出たり、子供たちは地元の図書館で勉強したり、それはそれで楽しく過ごせました。



キャンプで燻製はもはや定番。


焼き当番。




台風の後だったけど、そんなに多くは降ってない。
だけど、水量もあってなかなか楽しめました。



犀川も水が多くていつもより迫力あり。
何度か水かぶってましたね。





出航〜!

ルーフラックで機動力を上げようと思ったけど、生憎のお天気。


いつものベース。
3日ぶりの太陽かな。
いろいろと乾かしてます。

さて、次はいつ来れるかな。

2014年8月3日日曜日

THULE Xpedition 821 ルーフラックの装着

インフレータブルのカヤックとキャンプ道具を効率よく積載したいため、ルーフラックを導入した。
スバル純正のベースキャリアが装着済みのため、それに適合するためのラックは限られていて、なおかつスマートに装着したい。

純正のキャリアには、Tトラックがひょっとしたら適合するのでは?
という疑問から、スロットの寸法を測ってみると、まさにドンピシャ!

ということで、THULEのTトラック方式での装着に決定!

で、ラックはこちらの Xpedition 821 にした。


アルミで組み立て式。
これがけっこうサイズが大きいので、難儀しました。
説明書どおりに慎重に組み立て。


ベースキャリアのカバーを外して、溝部分のゴムをはずすとこのようにTトラック用?のスロットが現れる。


こんな感じででアダプタを滑りこませる。


 ラックを載せて

前と後ろ。
4箇所をナットで締め込んでいく。

盗難防止用のカバー。

実際は、前後左右のバランスを見ながら位置決め。
これがけっこう面倒だけど、ちゃんとやる。


ラックへの荷物の積載は、LUNDの防水バッグと、THULEのゴムネット。


ルーフバッグはこんな感じで、幅はほぼピッタリ。

前後方向に30cmほど短い。


821の幅はほぼベースキャリアいっぱい。


Tトラックのおかげで、装着もシンプルでスマート。




全体バランスはこんな感じ。

さて、8月のキャンプで活躍です。
荷物とカヤック。
ちゃんと積めるでしょうか。




息子と二人でスノーボーディング

3月5日(日) 息子と二人でスノーボードに行ってきた。 日曜日に予定が空いたらしく、「スノーボードに連れて行って欲しい」と言われてた。 場所はいろいろ検討したけど、やっぱり慣れている湯の丸高原スキー場に。 当日は天気も良くて、雪質も最高!最高のス...